主婦が生命保険に加入する前に気を付けることとは

主婦が生命保険に加入する前に気を付けることとは

主婦として生命保険に加入しようと思っている方へ、
加入する前に気をつけてもらいたいことをご紹介します。

年齢的に30~40代ですと、ご結婚をして家族のことを考えて、
家族の安心のために保険に入ろうと考えているか、
何年か保険を払ってきたけど、
ライフスタイルが変化したために保険を見直したいと思っている方だと思います。

どちらにしても、自分のために個人で入る保険とは
考え方や必要な補償が変わったという共通点がありますよね。

この時点では介護保険や個人年金保険まで手が回らないことが多いと思います。

やはり現在の生活を守るために必要な医療や死亡の保険と、
子供の教育費のための学資保険の保障を充実させたいところです。

そして、気を付けてもらいたいことというのは、
保障は必要だけど現在の生活を圧迫しない程度にするということと、
貯蓄型と掛け捨て型のどちらに入るほうがいいのかよく検討するということです。

この2つのことは連動している部分がありますが、
必要な補償の金額が大きくなれば、
毎月の保険料は高くなります。

余裕をもって保険に入れるのであれば、
貯蓄型を選ぶことで、保険の保障と同時に強制的に貯蓄をできますから
一石二鳥のメリットがあります。

しかし、ちょっと余裕がないという場合には、
掛け捨てタイプを選ぶことで、
手厚い保障が安い保険料で得られるというメリットがあります。

現在の家計の状況に合わせて加入をするという点にご注意ください。