主婦として生命保険を契約する際に気を付けること

主婦として生命保険を契約する際に気を付けること

生命保険に入るからには、
生命保険を利用する(補償を請求する)場合が
あることを考えて加入するわけです。

生命保険会社は、あなたが連絡をしない限り、
被保険者が入院をしたり手術を受けたという事実はわかりません。

ですから、もしあなたやご主人など被保険者が病気やけがで病院に行った場合は、
生命保険会社の担当者か、代理店、営業所、サービスセンター(コールセンター)などに、
すぐ連絡することが必要です。

各種給付金などは受取人の請求によって
生命保険から支払われることになっています。

生命保険会社に連絡するときに必要な事項は

①証券番号
②保険の対象者である被保険者の氏名
③入院日

などが必要です。

(わかる場合は、退院日や手術日、病名や手術名も伝えましょう)

連絡を受けた保険会社は、
すぐに請求するために必要な書類の案内を送ります。

それに従って、必要な書類をそろえ生命保険会社に提出してください。

しかし、これですぐ給付金が支払われるのかというと、
そうではないんですね。

保険会社のほうでは、送られてきた書類をチェックし、
保障の対象かどうかを審査します。

審査が通れば無事、あなたが指定した金融機関の口座に振り込まれ、
給付金の内容や明細表が郵送されますので内容を確認してください。

これが請求から給付までの流れになりますが、
病気の場合はその病気を保障の対象にしていないということもあります。

保険に加入の際には、保障される病名まで詳しく聞いておくといいでしょう。