主婦の生命保険と税金

主婦の生命保険と税金

覚えておかないと損をする主婦の生命保険と税金

受け取りの時に損をしないよう生命保険と税金の関係を見ておきましょう。

ここでまず『契約者』『被保険者』『受取人』を確認しておきます。

『契約者』とは生命保険会社と保険を契約した人

『被保険者』は保険の対象となっている人
(その人の生命やけが、病気が保険の対象)

『受取人』は保険金や給付金を受け取る人

保険会社から受け取る保険金は、
給付金と死亡保険金の2種類あります。

まず、給付金は入院給付金などがありますが、
これには税金がかかりません。

給付金は非課税ということが法令で決まっているので
税金はかからないんですね。

ただ、死亡保険金には税金がかかるので注意が必要です。

主婦が生命保険に入るパターンで一番多いのは、
ご主人が被保険者になり受取人が配偶者であるあなたや、
子供というケースではないでしょうか。

この場合、
契約者がご主人であれば
(契約者=被保険者)相続税が適用されます。

ですが、各種控除があるので相当高額な財産(1.6億円を超えるもの)
があるという場合でない限り、
保険金から相続税を納める必要はありません。

税金はかかるけどお金は払わないでよいわけです。

しかし、契約者があなた(妻)で受取人もあなた(妻)
であった場合は所得税が課税されます。

また契約者があなた(妻)で受取人が子供の場合は贈与税が課税されます。

ですから、残った家族に余計な税金を払わせたくない場合は、
『被保険者が契約者』にしておかないといけないということです。

逆にあなた(妻)が被保険者になる場合は、
あなたが契約者になる必要があるということです。