主婦の生命保険の介護保険

主婦の生命保険の介護保険

主婦の生命保険の介護保険

昨今の高齢化社会の問題となっている
介護の問題についても考えておく必要があります。

もちろん最後まで健康であればいいんですが、
やはり寝たきりや認知症になる可能性もありますよね。

もし自分や家族の誰かが介護が必要になったときのために
備えるのが介護保険です。

公的にも介護保険や要介護認定という保険がありますが、
いざ介護が必要になったときに誰かの助けを呼んでもらえるよう
プラスアルファの備えとして注目されている保険になっています。

介護保険という名前ですが、健康で介護されずに死亡した時は
死亡給付金として受け取れますから、
掛け捨てではなく、両方の場合に備えられるという魅力もあります。

最近では、死亡給付金や解約払戻金がない分
掛け金を抑えているタイプもあるのでどちらがいいかは
あなたの現状に合わせて検討してください。

公的介護保険制度って何?

一般的に公的介護保険制度の要介護2以上の状態と認定されると、
介護年金が支払われるようになります。

公的介護保険では、在宅サービスや施設サービスが受けられますが、
介護の必要度に応じて利用できるサービスと限度額が決まっています。

厚生労働省の調査で介護保険とは別に
1か月あたりの自己負担額は平均5万7161.7円という
結果が出ているようにやはり介護をするということは
お金がかかってしまうものです。

生命保険の介護保険は、介護認定された場合、
介護一時金が出るものもありますので、
介護をする人の金銭的負担を少しでも軽くできるよう備えておけると安心ですね。