主婦の皆さん、生命保険は見直していますか?

生命保険の見直し

主婦の皆さん、生命保険は見直していますか?

生命保険の見直しを行っている主婦はどれくらいいるでしょうか。

意外と生命保険というのは、入ってしまえば、それで終わりだと思っている人も多いですね。

しかし実際には入って終わりではありません。

生命保険は入ってから、保障内容が自分に合っているかどうかを見なければいけないのです。

生命保険を見直すタイミング

生命保険の保障内容を確認した上で加入していることと思いますが、家族のライフスタイルに合わせて、必要な保障というのは随時変わってくると思います。

例えば、結婚を機に生命保険の見直しをするという人は多いでしょう。

今まで一人として、独身で入ってきた保険は、自分のことだけを考えて入っていたので、結婚してパートナーができたことで、生命保険の見直しをする、これは一般的には一番多いパターンです。

しかしその後の生命保険の見直しを、意外としない人が多いです。

結婚を機に見直してから、ずっとそのままという人が多いのです。

しかし結婚をしてからも、ライフスタイルや身の回りの環境というのは随時変わっていきますね。

子供が生まれれば家族が増えますから、それなりに自分への保障はもっと手厚くならなければいけません。

ですから、生命保険の見直しというのは随時ライフスタイルや、人生の節目ごとに見直しが必要です。

子供が一人の時にはこれだけの保障が必要だろうと、生命保険の見直しをした。

でも、子供が3人生まれたとなれば、一人の時にかけてきた保障では足りない可能性もあります。

そうするとまた見直しが必要です。

そしてしばらくそのままで、子どもが成人して自分の責任も少し負担が軽くなってきた。

そうしたら生命保険の見直しで、保障内容を引き下げることができるのです。

生命保険は何度も見直しする必要がある

こうしたように、生命保険の保障については随時少しずつ見直しをして行く必要があります。

生命保険の見直しを行わなければどのようなデメリットがあるのか、それは無駄な生命保険料を支払うというデメリットにつながることもありますし、逆に自分に生命保険の保障が足りていない可能性もあるのです。

今の自分にはどれだけの保障が必要で、生命保険でそれが補われているのか、その点を、生命保険の見直しで考えていかなくてはいけません。

定期的な見直しをしている人ほど、生命保険料の無駄を省いて、しっかり、賢くかけられていると思いますが面倒だと感じて、そのままにしている人は、保障が足りなくて、いざというときに困ってしまったり、逆に無駄な保険料を支払うことにもなりかねません。