外資系の生命保険会社の保険料が安い理由って知ってた?

外資系の生命保険会社の保険料が安い理由って知ってた?

外資系の生命保険会社の保険料が安い理由って知ってた?

外資系の生命保険会社の保険料が安い理由とは

今日本の生命保険業界も大きく変わりつつあります。

なぜなら、ここ数年で日本の保険会社以外に海外の保険会社も生命保険業界に参入しているからです。

しかも特徴としては、日本の生命保険会社の保険料よりもとても安い保険料で手厚い保障が受けられるということもあり、選ばれています。

日本の生命保険会社はなぜ保険料が高くて、外資系の生命保険会社は保険料が安いのでしょうか。

この二つの会社は特徴が違っています。

特徴を理解して、自分が生命保険を選ぶ際に、参考にしてみるといいかも知れません。

まず外資系の生命保険会社というのは、営業の方法が違っています。

国内の生命保険会社では保険外交員による営業が主力になっていますが、外資系ではこの営業に対する考え方が大きく違っています。

外資系の生命保険の場合には、通販型と呼ばれていたり、ダイレクト型と呼ばれているように、コンサルティング営業で成り立っています。

ですから、実際に日本の生命保険会社に比べると、直接営業のスタッフと対面しながら、保険についての話を聞くということがなかなかできないという特徴があります。

代理店なども設けないのが外資系保険会社の特徴です。

ですから代理店にかかる費用がない分、営業のスタッフが少ない分保険料を安く抑えてあるのが特徴です。

たとえば日本の生命保険会社の営業社員は、5万人以上いると言われていますが、外資系のとある生命保険会社の営業社員の数は4400人にとどまっています。

企業方針の違いによりこれほど差があるというのが特徴です。

価格だけじゃなく望む保障が得られる生命保険会社を選択しよう!

これから生命保険に加入するという場合には、まず自分が生命保険会社に対してどんなことを望んでいるのかによって選ぶといいと思います。

しっかりと、契約をするときでも、生命保険についての話を聞いた上で加入したいと思っている人の場合には、日本の生命保険会社を選んだほうがいいかも知れません。

電話などで手軽に申し込める、インターネットで手軽に申し込めて、そして月々の保険料も安いのに手厚い保障をつけたいと思っている人の場合には、外資系の生命保険会社を選んだほうがいいと思います。

このように、外資系の生命保険会社と、日本の生命保険会社は特徴が大きく違っていて、それぞれの特徴が色々とありますので、その特徴を踏まえた上で、どこを利用するのか考えた方がいいと思います。

自分に合ったコンサルティングをしてもらえる生命保険会社を選ぶのが、一番いい方法です。