意外と知らない生命保険の解約方法は・・・

意外と知らない生命保険の解約方法は・・・

もしも、現在加入している生命保険を解約したいと思ったら、
生命保険会社に連絡をして解約の手続きを行います。

懇意にしている営業マンがいる場合は、
その人に連絡を取って解約をしたい旨を伝えると
解約の手続きを行ってくれます。

保険を解約する場合、
連絡を入れただけではもちろん解約をしたことにはなりません。

解約とは契約を解除するということですから、
保険会社から送られてくる書類に、
必要事項を記入して署名捺印をして郵送し、
保険会社で受理をされて初めて契約の解除ということになります。

解約をしたいと思う状況は人様々だと思いますが、
生命保険会社の経営に問題がある(不安定な経営状態である)とか、
保険会社に問い合わせをしたときの対応が
不親切である場合などは解約を検討したほうがいいといえます。

しかし、一度契約を解除してしまうと、
「やっぱりもう少し保険を続けておきたい」とあとで思ったとしても、
今までのものは引き継ぐことはできませんから
新規で契約することになってしまいます。

保険会社自体に不信感があるという場合は別ですが、
保険料の支払いがきつくなったり、保障の内容が足りないなど、
保険の商品に対する不満がある場合は、
解約をする前にあなたの希望を保険会社に伝えて検討してみましょう。

また、保険は種類にもよりますが、
がん保険など加入後数か月しないと効力を発揮できないものもあります。

解約をする前に保障の空白期間ができないよう
新しい生命保険を決めてから解約するようにしてください。