生命保険に入る際には正直に告知しないと大変なことになる・・・

生命保険に入る際には正直に告知しないと損するよ

生命保険に加入する際の告知義務は侮るな!

生命保険に加入する際には、告知義務というものがあります。

この告知義務というのは、生命保険にこれから契約をするという場合に、生命保険会社が色々と聞いてくる項目がると思います。

その項目について、嘘をつかずに告知しなければいけないという義務になります。

告知の際に隠したり、嘘をついて生命保険に入った場合には、それが契約をしてから分かって、いざ生命保険を利用して保険金をもらおうと思った場合に、ばれてしまったら、保険金がおりないことはもちろんのこと、その生命保険の契約自体も解約させられることにつながるかもしれませんので、十分に注意しなければいけないのです。

医師の診断が告知義務の正当性を保つ

よく、医師の診断というような言葉を生命保険に入るときには聞かれると思いますが、なぜ生命保険で医師の診断が必要なのか、それは今の健康状態を見るからです。

生命保険会社としては、言葉は悪いですが、できるだけ保険金というのは支払いたくないものです。

それなのに、もしかするとどこか体の悪い人を生命保険に知らずに契約させてしまって、契約してすぐに万が一のことがあれば、生命保険金を支払わなくてはいけないことになります。

ですから、医師の診断を受けてもらって、何ともないことを確認したうえで契約をさせるというのが一般的な方法なのです。

医師の診断がいらない保険はもっと注意が必要

医師の診断が必要ない生命保険も中にはあります。

その場合には、なおさら告知義務する内容が重視されてくるのです。

たとえば以前大きな病気をしているのに、生命保険に契約したいと思って、正直に書いたとします。

それが原因で、生命保険の加入を断られる場合もありますし、断られなくても、その病気に関しては、これから先、何かあったとしても支払わないという条件付きで入ることになるケースが多いのです。

ですから、もしも生命保険の告知の際に、病気をしていることを隠して生命保険に入り、その病気で万が一のことになった場合には、保険金はもらえるのではないかと思った人も多いと思います。

しかし生命保険会社は保険金を支払う前に調査を必ず行います。

その人が病院にかかっていたかどうかなど、通院履歴なども調べますから、そこで、実際に告知していない内容の病気があったというようなことがわかれば、告知義務違反として保険金は支払われません。

ですから、生命保険に加入する際に必要な告知は、必ず行うようにしましょう。

嘘をついて加入したとしても、結局は自分が後から困るだけですし、調べられればわかることなので注意しましょう。