生命保険の代理店とダイレクト型はどっちがお得なの?

生命保険の代理店とダイレクト型はどっちがお得なの?

生命保険の代理店とダイレクト型はどっちがお得なの?

生命保険の代理店とダイレクト型のメリット・デメリット

生命保険の代理店は、日本の昔からある国内の生命保険会社ではほとんどが代理店を設けています。

しかし外資系の生命保険会社は、代理店を設置しない方針で運営しています。

外資系の生命保険会社は、代理店を構えていないことから、代理店にかかる費用や人件費、コストなどが必要ありませんから、その分生命保険料が安く抑えられているというメリットがあります。

生命保険料だけを見てみると、代理店を通さずに、ダイレクトに直接生命保険会社と契約ができれば、生命保険料が抑えられるので、それはかなりメリットがあると思う人もいるかもしれません。

しかし生命保険料だけで見れば代理店を通さない方がお得ではありますが、人によっては代理店で、しっかりと生命保険の商品について説明をしてもらったり、対面でちゃんと契約を進めて行きたいと思っている人もいるのです。

ですから、生命保険の代理店はない方が保険料が安いというメリットはありますが、人それぞれ感じ方があり、営業マンに話を聞いた上で、生命保険に入りたいと思っている人には代理店を通じた方がメリットが大きい場合もあるのです。

生命保険の代理店は、色々な場所にあります。

最近はショッピングセンターなどの中に、色々な保険会社の代理店が一つにまとまっている店舗も増えています。

ここへ行けば生命保険について色々と相談できますし、数社の生命保険を比較することができるというメリットもあることから、人気があります。

インターネットで自分で申し込みができるダイレクト型の生命保険も今は増えていますが、やはりダイレクト型は、申込に関して、あまりスタッフが関与しませんので、自分ですべて判断して進めていかなくてはいけません。

ですから、場合によっては保障が自分に合っていない場合もあったり、保障が足りなかった、逆に保障が付きすぎているということもあるのではないでしょうか。

生命保険に加入するときに、しっかりと保障内容を知ったうえで、加入したいと思っている人や、生命保険に入りたいけど自分はどれくらいの保障が必要なのか、専門家に見てもらいたいという場合にはぜひ代理店を通じて考えた方がいいでしょう。

代理店は、身近に生命保険の相談ができる場所でもありますし、生命保険について分からないことがあれば、教えてくれる場所でもあります。

身近にある代理店を最大限利用して、自分にあった生命保険に加入することが、正しい保険の入り方です。

追記(20180305):

最近では代理店では無く、フィナンシャルプランナーに相談して第3者目線でのアドバイスをもらってから、生命保険を契約する人も増えてきました。

複数ある保険会社をフェアな立場で、ユーザー目線になり、必要な保障などを判断してお勧めしてくれます。

保険の見直しならプロへ相談 【保険相談Navi】であれば、フィナンシャルプランナーに直接相談が出来ます。