生命保険の掛け捨て本当に損なの??

生命保険の掛け捨て本当に損なの??

生命保険の掛け捨て本当に損なのか??

生命保険の掛け捨てのものは、損であると思っている人も多いと思います。

生命保険の掛け捨てとは、保険料を積み立てていかないので、毎月支払った保険料は、もしかすると保険を使わない場合には、損をするというイメージを持っている人も多いと思います。

掛け捨ての生命保険は損では無い

掛け捨ての生命保険は損だというイメージは実際には、そうではありません。

積み立てより損をするから掛け捨てにしない方がいいと思っている人も多いと思いますが、そうではありません。

自分でお金を貯金していくのか、生命保険会社に貯金代わりの積み立ての保険を加入してもらって進めていくのか、その違いだけになるのです。

「掛け捨て」対「積立」論

積み立ての生命保険というのは、保障に貯蓄が組み合わせてありますから保険料が高いのが特徴です。

そして最近は医療保険の中でも無事故ボーナスなどがある保険もあるのですが、これはボーナスがもらえるので、ラッキーだと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそのボーナス分も含めて積立保険料にはいっているので、生命保険会社が支払ってくれているわけではないので、自分で最初にそれも含めて支払っているのです。

ということは、積み立てだからお金が手元に戻って、しかも無事故ボーナスも付くのでラッキーだという考え方は違っています。

自分で積み立てたお金をあとで満期として受け取っているだけで、他で貯金をしっかりとしている人なら、積み立ての生命保険をかける必要はありません。

積み立ての生命保険というのは、手数料が生命保険会社に取られていますから、自分で貯蓄した方がいいという面もあります。

掛け捨てが損ではなくて、掛け捨ては、保険料が安く設定されていますから、その分自分で100%を貯蓄に回すことができます。

しかし生命保険会社の積み立てにした場合には、100%貯蓄に回せるはずの部分が、生命保険会社に手数料として引かれていきますので、単純に考えても、保険料の安い掛け捨ての保険を組んで、そして自分で貯蓄をした方が損得で考えれば得になるというわけです。

しかし生命保険会社の積みたてを選ぶ人は多いのは、保険をかけながら積み立てができるという一石二鳥で手軽なところがあるからだと思います。

掛け捨ての生命保険が損といういイメージを持っている人は、そうではありませんから、そのイメージは改めて、実際に自分は別で貯蓄をしていけるのか、それとも生命保険会社に委託した方がいいのか、その点をよく考えて保険に加入するといいのではないでしょうか。