生命保険をネットで契約するメリット・デメリット

生命保険をネットで契約するメリット・デメリット

生命保険をネットで契約するメリット・デメリット

生命保険と言えば、数年前までは、自宅に生命保険の営業スタッフや、外交員などが来て、色々と生命保険の商品について説明するというスタイルが一般的でした。

しかしインターネットの普及や、パソコンの普及などに伴い、今は生命保険に関して色々とスタイルが違ってきています。

生命保険に加入する際に、今圧倒的に多いと言われているのが、インターネットを使っての加入です。

生命保険をネットで契約するメリット

インターネットを使っての加入の場合には、とても手軽に生命保険を選ぶことができますし、必要事項を入力するだけで、手軽に申し込みができますし、わずらわしい事もありませんから、とても手軽に生命保険に入ることができます。

生命保険でネットで手軽に入れる場合には、外資系の生命保険会社が多いことが特徴です。

外資系の生命保険会社は、生命保険料も安く抑えていますが、これは代理店を設けていないために、人件費を削減してあったり、コストを抑えているために、
生命保険料が安くなっています。

契約に関しても、本来ならば、営業マンが家に出向いて、契約書を作成するといった流れで契約をするというのが今までの主流でしたが、そうすると、契約につき、営業マンが必要になってくるので、その分の人件費が必要になります。

その点インターネットを使って申し込むという場合には、一人で利用したいと思っている顧客が自分で入力をして契約申し込みをしますので、営業マンがいる必要がないので、その分の人件費を抑えることができるようになるのです。

インターネットで生命保険に加入した場合には、割引になっているというケースも多く、キャンペーンを行っていて、見積もりをすると何かもらえるというような保険もありますから、色々です。

これからインターネットで生命保険に入ろうと思っている人は、少しでもお得に入れる保険を選ぶというのがいいかも知れませんね。

生命保険をネットで契約するデメリット

生命保険をインターネットで加入するということは、とても手軽で入りやすいというメリットもありますし、保険料も安く抑えることができますので、とても便利だと思っている人も多いのですが、実際には、自分にぴったりと合った保険に入れているのかどうか、誰にも見てもらうことなく生命保険の契約をネット上で行いますから、もしかすると保障があっていない場合もありますし、無駄な保険料を支払っているという場合もありますので、その点は注意が必要です。

しっかり見直したうえで、ネットから申し込むならいいですね。