生命保険料控除額ってちゃんと申告してる?

生命保険料控除額ってちゃんと申告してる?

生命保険料控除額ってちゃんと申告してる?

生命保険料控除額って何?

生命保険と税金についてですが、支払っている額に応じて、所得税、住民税を計算するときに控除が行われるのが一般的です。

これは生命保険に限らず、個人年金保険料を払った場合でも適応になるのですが、一定の条件をクリアしていれば、所得税、住民税の計算上生命保険料控除の値段が、所得の総額から引かれることになっています。

支払っている生命保険料の値段によって違ってくるのですが、生命保険の場合には最高で限度額として5万円とされていて、個人年金保険も支払っているというケースではさらに5万円の合計10万円までが所得控除の対象になるとされています。

生命保険料控除額を計算するという場合には、計算方法が分からない人もいると思いますが、確定申告をする紙にも詳しい計算方法については記載されているので、そちらで確認してみるといいと思います。

生命保険料控除には確定申告が必要

自営業の旦那さんを持つ主婦は確定申告を行いますが、サラリーマンの場合には行いません。

その場合には生命保険料控除申告書を勤め先からもらって帰ってくると思いますので、年末調整の時期に確認してみるといいと思います。

生命保険の控除を受けるためには確定申告をする際に、生命保険料控除という欄がありますので、そちらに必要事項を書いて提出しなければいけませんが、その際には支払った金額がわかるものを一緒に出す必要があります。

サラリーマンが年末調整で控除を受ける申告をする場合にも、生命保険料を支払った金額を証明する書類が必要です。

この書類は、生命保険会社から、毎年同じ時期に送られてきますので、そちらを元にして提出するようにします。

生命保険の保険契約期間中に、配当金を手にした場合に税金はどうなるのかと言えば、所得税、住民税というものはかからないんですが、生命保険料控除を計算する際に、支払った保険料の総額から控除されます。

その他にかかる税金

保険金の支払い開始から支払いを受けた配当金は年金の場合には、雑所得扱いになって、税金がかかってきますし、一時金が手に入ったという場合には、一時所得として扱われて税金がかかってくるので注意しましょう。

体に障害があってそれに支払われる場合には税金はかかりません。

契約をしている途中で、解約をした場合には、解約返戻金を手にすることになるのですが、その場合には、満期保険金の扱いと同じように税金がかかってきますので、注意しましょう。

毎年の年末調整の時期に、生命保険料の控除の申告をするのを忘れないようにしましょう。