生命保険を乗り換え時に注意すべき8つのこと|メリット・デメリット

生命保険 乗り換え 注意

生命保険を乗り換え時に注意すべき8つのこと|メリット・デメリット

生命保険を乗り換える際には、常に生命保険を乗り換得る際のリスクや手間を考える必要があります。乗り換えの際には解約手続きを経て再度の登録が必要になります。

今あなたが契約している生命保険の内容と、新たな保険の内容や条件を確認して乗り換えるようにすることが重要です。

生命保険は業者ごとに条件や保証も様々なので見直せば更にお得なプランに乗り換えることができ、乗り換えをしたら後に支払いの負担を軽減することが出来たり更に保証を充実させることが可能です。ただ、乗り換え時には保険内容が変更になるなどの注意点もあります。

生命保険の乗り換え時に注意することをまとめていますので参考にされてください。

生命保険を乗り換える際に注意するべき8つのこと

生命保険を乗り換える際の8つの注意点をピックアップしました。

生命保険の保険内容は様々です。あなたが加入しているプランを比較することで、更に内容も充実させることも可能ですが、各保険会社のプランによって料金も異なるので注意が必要です。

注意点1:保険金額

保険金額は基本的に保険内容の評価額によって定められているので、保険会社のプランによってマチマチです。そのため加入する前に保険内容と料金をよく比較して検討する必要があります。

保険内容は様々ですので、自分の体調や体の調子に合わせた保険プランの選択が必要です。

保険をしっかり見直すことで更に有意義な内容を契約することが出来ます。

注意点2:保険料

保険料は毎月あなたが契約して支払う金額です。そのため保険を乗り換える際には保険の内容はしっかり確認しておきましょう。

自分に最適なプランで、乗り換えで保険料が安くなれば家計の負担を抑えることが出来ますが、保険料が安いからとって乗り換えると保証が手薄になってしまうケースもあります。

保険内容と保険料を見比べて検討することが大切です。

注意点3:払込期間

乗り換えの際には払込期間も異なります。保険を乗り換える際にはしっかり十分な余裕を持って乗り換える必要があります。

振込期間は各業者ごとに異なります。保険量の支払いは給料日後などに設定することも可能ですが、その多くが25日から30日と月末の自動引き落としになるケースが大半です。

しっかり内容を確認しておくことは重要です。

注意点4:解約返戻金

解約返戻金が掛かる保険のタイプもありますので、事前に契約内容を確認することは重要です。

保険内容が充実していて安心のサポートなどがしっかり揃っていても、現在加入している保険次第では内容が異なります。そのため「今までに支払った保険料に対し、いくらの解約払戻金を受け取ることが可能か」を確認していきます。

期間満了後は払戻率が良くなります。

注意点5:必要保障額計算

必要保障額計算をしておけば大まかな目安を確認することが出来ます。また保険料を比較したり、更に自分にあった保険を選択する際にもしっかり確認をしておく様にします。

無駄の無い保険料で、保険を加入する前に年間、または毎月支払い続けていくのかを確認することが出来るとともに、乗り換えの際の払戻金が必要になります。

また保険に加入している世帯主がなくなった時に支給されるので、世帯主がなくなってもある一定以上の生活水準を保つことが出来るように、遺族に支払われる金額が必要保障額になります。

遺族に支払われる保険料になるので、今後の生活費の計算をするのが必要保証額計算なのです。

注意点6:昔の生命保険の種類

昔の生命保険はあまり種類が豊富でなく、例えば「がん保険」ならば「がん」のみの保証している保険でしたが、近年のがん保険は様々なオプションや、保険のモデルも多種多様に契約することが可能です。

注意点7:三大疾病保険の支払要件

三大疾病保険の支払要件は「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」保険料の金額は業者のプラン次第ですが、商品によっては要件も異なります。そのため内容は各業者に確認する必要があります。

「がん、急性心筋梗塞、脳卒中」の保険料は各保険会社次第で異なりますので、大疾病保障付きの保険の支払い条件は各契約先に確認しておきましょう。

注意点8:高齢者への対応

高齢者向けの保険も近年はかなりバリエーションが豊富です。入院、日帰り入院まで対応している保険もあり、高齢者に最適な保険も多くあります。

掛け金の払い込みを免除したりも可能です。そのため保険料の乗り換えの際には保険内容、キャンペーンを確認して乗り換えるようにしましょう。

生命保険を乗り換えを検討すべき「6つのタイミング」とは

生命保険に悩む主婦

生命保険を乗り換える際に最適なタイミングとかってあるのかしら?それに一般的にはどんなタイミングで生命保険の乗り換えをしてるんだろう・・・

ここでは生命保険を乗り換える6つのタイミングを紹介します。

タイミング1:結婚したとき

結婚と同時に夫婦で加入できる保険に切り替えれば、保険料が安くなったり更に充実のオプションを追加することも可能です。

注意
注意点として結婚の際には保険料を切り替えは、結婚前のままだと保険の受取人は親になります。そのため結婚したら配偶者に変更しておく様にしましょう。

タイミング2:子供が生まれたとき

保険見直し 子供
妊娠など、子供が生まれるタイミングにおいて保険を切り替えれば、子供を養育するためのオプションが充実している保険や将来の子供のために学資保険に加入すると有意義です。

学資保険は基本的に早めに加入しておけば徐々に保険料が安くなる仕組みですので、妊娠してから学資保険に加入する方も少なくありません。

タイミング3:離婚したとき

離婚の際には保険を見直すことになります。

今まで保険の受取人が配偶者になっている方は、万が一自分に事故や病気になってしまったときには、子供が保険料を受け取れるようにしたり、保険を見直して切り替えをするなど対応する必要があります。

タイミング4:自宅を購入したとき

自宅を購入した際には保険は住宅ローンなども考慮して収入に見合った金額の保険を選択することも重要です。

定期的に保険を見直すことは重要です。

タイミング5:子供が独立したとき

子供が独立したら学資保険などは不要になりますので、保険を見直す良いタイミングになります。保険料を更に割安にすることも可能です。

タイミング6:仕事を辞めたとき

仕事をやめたら失業保険に加入していれば一定の期間は保険でまかない生活することが出来ます。中には生命保険と一つになっている保険もありますが、仕事を辞めたら雇用保険の他にも年金、健康保険もある手続きが必要になります。

もしそのままその他の勤務先に転職するならば次の会社に手続きをおまかせできますが、そうでない場合には自分で保険の手続きが必要になります。

受給するためには支払い期間が定められていて12ヶ月以上、支払いをしている方を対象にしていたりしますので、規定に定められているのが確認しましょう。

生命保険は収支次第でプランを変更することが求められますので失業したら再度保険も見直しが必要と言えます。

生命保険を乗り換えるプロセスまとめ

生命保険を乗り換える際はプロセスがあります。

まず今までに契約していた業者に解約の意図を伝えます。この時に中には解約金が必要なケースもあるので確認しておきましょう。

  • 手順1
    乗り換える前提で契約する
    乗り換える前提で契約するならば、解約金がかからない保険を選択することが大切です。

    乗り換えを前提に保険を切り替えるならば、解約金などがかからないプランに申込むなどしましょう。

  • 手順2
    今の自分に必要な保障額を知る
    自分の収入や健康状態に合わせた保険選びが重要です。

    乗り換えの際も保険料が安いから乗り換えたら、あまり意味の無い保険になってしまった等のケースも少なくありません。

    乗り換えの際にも自分に意義のある保険選びをするために、保険内容を確認しましょう。

  • 手順3
    現在の契約内容と照らし合わせる
    保険内容を確認したり、保険の重要さを見直す必要があります。

    今現在契約している保険よりも良い内容で保険料が安くなればお得ですが、保険内容が手薄になってしまってしまわないように注意しましょう。

  • 手順4
    プロに相談する
    乗り換えの前に一度、フィナンシャルプランナーなどに相談すると有意義です。

    支払う料金は、もしもの時の保険金についても確認しておきましょう。

    生命保険のプロに相談する >>

生命保険を乗り換えるときの4つのパターン

生命保険を乗り換える際には、なるべく「損」をしないように、ご自身が得をするパターンを知ることが重要になります。

ここでは4つのパターンを紹介しますので、参考にされてください。

パターン1:定期保険から終身保険へ

定期保険から終身保険へ乗り換えが可能ですが、まずは定期保険と終身保険は異なり終身保険は保証が一生涯続く保証になります。

そのため定年したら保険のタイプを切り替えるなどする方も多いです。定期保険は10年、15年、20年、または60才、65才、70才と別れています。

パターン2:定期保険から養老保険へ

定期保険から養老保険へ乗り換えする方も多く、養老保険は保険期間中に死亡した際に保険金を受け取ることができ、定期保険は貯蓄性が高く、定期とは異なり掛け捨てではなく支払った保険料は貯蓄していくタイプです。

掛け捨てでもったいないと感じている高齢者の契約者は、定期から養老保険に切り替えるとなにかとお得です。

パターン3:定期保険から別会社の定期保険へ

定期保険から別会社の定期保険へ乗り換えの際には、毎月の料金が安くなる等のメリットもありますし、保証を充実させた保険を選択することも可能となります。

パターン4:定期保険を解約

定期保険は掛け捨て型なので、解約して終身保険に切り替えれば、貯蓄するように保険料を支払い続けることが可能です。

デメリットなく乗り換えるには生命保険のプロに相談しよう

生命保険の乗り換えにはデメリットもあります。そのためできれば事前にフィナンシャルプランナーなど生命保険のプロに相談しておくことをおすすめします。

毎月の支払い金額や、保険のタイプなどを検討することが可能となります。

生命保険のプロに相談する >>

まとめ

生命保険は事故や病気になる前にシミュレーションをすることも可能です。

生命保険の切り替えの際に保険料、条件が変更になるのでシミュレーションをして、計算毎月の支払い金額からもしもの時の保険金額を確認をしておきましょう。

また、生命保険の乗り換えにはタイミングが非常に重要になりますので、ご自身の最適なタイミングで乗り換えるようにしましょう。