定期保険とは?わかりやすくまとめてみた!特徴やメリット徹底解説

定期保険 わかりやすく

目次

定期保険ってどんな保険なの?わかりやすく解説します!

定期保険とは、約款で定められた保険期間中に死亡した場合に、死亡保険金を受け取れる、生命保険のなかでも最も基本となる保険です。

定期保険の定期というのは、期間が定まっているという意味になります。

保障期間は終身ではなく、契約時に定められた一定期間です。

定期保険とは わかりやすく 死亡

つまり、定期保険は一定期間中の被保険者の死亡保障のみに特化した保険であるといえます。

また定期保険は、契約期間満了まで被保険者が生存していた場合であっても、養老保険のように満期保険金(生存保険金)が支払われることがありません。

満了後は生存保険金や解約返戻金などの払い戻しが一切なく、そのまま契約が消滅してしまうのが特徴です。

このことから、貯蓄性がない掛け捨てタイプの死亡保険であるともいうことができます。

まずこの定期保険のしくみを理解できれば、その他の生命保険の理解も早くなるでしょう。

また、定期保険はシンプルなだけでなく、大きな死亡保障が必要な場合にとても有効な保険なので、特徴と活用方法をおさえておけば、割安な保険料で将来のリスクに効果的に備えることも可能です。

定期保険は大きく分けると3種類ある生命保険の1つ

生命保険には、

  • 定期保険
  • 終身保険
  • 養老保険

の3種類の基本となる保険があります。

この3つの生命保険は、保険期間や貯蓄性の有無などに違いがあります。

このうち定期保険はもっともシンプルな保険で、保険料も最も割安なため、死亡後に遺族に必要となってくるさまざまな資金需要に備えることができるのです。

定期保険のシステムって知ってる?

定期保険には保険期間があり、契約した保険金額、保険料は保険期間中ずっと一定です。

また保険期間が終わったときの満期保険金はありません。

定期保険には「解約返戻金」がほぼないってほんと?

貯蓄性のある保険では、保険料の一部が積み立てられていくため、途中で解約した場合に「解約返戻金」とよばれるお金が戻ってくることになります。

しかし定期保険には貯蓄性がないため、積み立てられるお金が少なく、途中で解約した場合の解約返戻金もほとんどありません。

このように、定期保険では死亡保険金以外にお金が戻ってくることがないため「掛け捨て」と呼ばれています。

しかし、それは保険本来の役割である保障機能に特化していることの結果なのでいけないことではないのです。

定期保険の保険期間の決め方とは

定期保険の保険期間の決め方には2種類があります。

  • 年満了
    10年、20年、30年などと年単位で保険期間を決める。
  • 歳満了
    60歳まで、70歳までなどのように年齢で保険期間を決める。

定期保険の加入期間の種類

定期保険の加入期間はあらかじめ約款で定められた一定期間であり、大きく分けて「年満了型」「歳満了型」の2種類があります。

年満了型年満了型とは、10年、15年、20年などの年単位で加入期間を定める契約をいいます。

10年満了型の定期保険に加入した場合であれば、被保険者の死亡が10年の間保障されます。

通常、10年を経過して契約満了を迎えたとしても、契約を更新しない意思表示がない限りは自動的に契約が更新される仕組みになっています。

歳満了型歳満了型は、60歳満了、70歳満了など、被保険者が契約時にあらかじめ定められた年齢に到達したときに契約が消滅するものをいいます。

年満了型とは異なり、自動更新されない場合がほとんどです。

また、年満了型より契約期間が長期に設定されることが多いのも歳満了型の特徴です。

定期保険は期間が終了しても「更新」出来る?

定期保険は保険期間が決まった保険ですが、保険期間終了時に同じ保障内容で更新されるもの(更新型)があります。

一般的に、10年、20年などと年単位で保険期間が決まった年満了の定期保険が更新型で、たとえば、10年の定期保険は、10年経って保険期間が終了すると自動的にもう10年保険が延長(更新)されることになります。

なお、保険が更新されると、保険金額等の保障内容は変わりませんが、保険料は更新時の年齢の保険料に切り替わるため、当初契約したときよりも保険料が高くなります。

定期保険の更新にはどんな種類があるの?

定期保険の更新には「更新型」と「全期型」の2形態があります。

通常、年満了型の定期保険が「更新型」、歳満了型の定期保険が「全期型」となります。

更新型10年、20年などの期間ごとに契約が更新されていく形態を「更新型」といいます。

更新型は、死亡リスクの少ない契約当初は保険料が安いというメリットがあるものの、契約を更新するごとに保険料が高くなるというデメリットも持ち合わせています。

また、更新型の場合には契約が自動更新され、医師による審査は必要ありません。

そのため、契約期間中に被保険者の健康状態に何らかの問題が生じても、そのまま契約が更新できることが大きなメリットであるといえます。

全期型契約を更新するごとに保険料が上がる「更新型」とは反対に、契約期間中の保険料が一定である形態を「全期型」といいます。

全期型の場合、保険期間満了後は契約が更新されることなく、そのまま消滅します。

同じ保障内容の定期保険に加入すると想定した場合、契約当初の保険料は更新型よりも高くなりますが、保険料の払込総額でみると全期型の方が安くなるというメリットがあります。

定期保険の特徴と種類をわかりやすくまとめてみた!

ここまでみてきたように、定期保険には以下のような特徴があります。

  • 保険期間は一定
  • 満期保険金、解約返戻金がない(貯蓄性がない)
  • 保険料は3種類の保険でもっとも安い
  • 保険期間終了後、更新できるが保険料が上がる

また、世帯主が、死亡後の家族の生活を守れるような大きな死亡保障を確保するために定期保険に加入するという前提で、おもな定期保険の種類とその特徴をまとめると以下のようになります。

おもな定期保険の特徴と種類

  • 定期保険
    決められた保険期間に死亡した場合に死亡保険金を受け取れる生命保険です。

    保険期間中の死亡保険金額はずっと一定です。家族の生活を守るための最も基本となる保険です。

  • 逓減定期保険 (ていげんていき)
    保険加入後、年数を経過するごとに死亡保険金額が少しずつ減っていく定期保険です。

    家族の生活を守るために必要な死亡保障額が年々少しずつ減っていくことにあわせた保険です。

  • 収入保障保険
    死亡保険金を一括ではなく、たとえば毎月15万円ずつなどと分割して受け取ることができる定期保険です。

    受け取れる期間は原則保険期間が終了するまでとなります。保険金を毎月のお給料のように受け取れるため、遺族の生活を安定的に保障できます。また保険料もいっそう割安になっています。

定期保険のメリット・デメリットをわかりやすくまとめてみた!

被保険者の死亡時に保険金が支払われる「死亡保険」には、「定期保険」「終身保険」「養老保険」など大きく3種類があります。

死亡保険への加入を検討する際には各保険の特徴を正しく理解し、自分に適した選択をする必要があります。

死亡保険の一種である「定期保険」について、メリットとデメリットをわかりやすく解説します。

定期保険のメリットは?

定期保険に加入するメリットを解説します。

メリット1:保険料が割安

定期保険は、満期保険金がある「養老保険」や、終身保障で貯蓄性がある「終身保険」と比べると保険料が割安です。

そのため、各保険が同じ保険料であるとした場合、定期保険が1番大きな死亡保障を受けられると想定できます。

このように、少額の保険料で大きな保障を得られる点が加入時のメリットと言えます。

メリット2:更新型は家計の状況に合わせて変更しやすい

更新型の契約を選択すれば、契約更新の度に保険を見直すことができるというのも大きなメリットです。

たとえば、「契約更新によって保険料が上がり家計を圧迫するとき」「子どもが独立したとき」などは、保険金の減額や解約を検討するのに良いタイミングであるといえます。

保険を減額または解約した場合には、その金額を他の備えに回したり、必要となった保障を手厚くしたりすることもできます。

ライフイベントや家計の状況に合わせて柔軟に契約を変更しやすいというのが更新型の利点です。

定期保険のデメリットは?

定期保険に加入するデメリットを見ていきましょう。

デメリット1:満期で保険金が降りない

定期保険は期間内の保障だけに過ぎませんので、たとえ何事もなく契約期間内を終えたとしても満期保険金が降りることはありません。

デメリット2:契約期間が過ぎると保障されない

繰り返しますが、定期保険は「契約期間の間だけ保障される保険」です。

つまり

契約が切れた翌日に死亡した場合、「昨日までなら保障されるはずの1,000万円が0円になった。」ということも起こりうる可能性はあるのです。

デメリット3:原則的に解約返戻金が無い

ご説明の通り、原則的に定期保険には解約返戻金がありません。

長期の定期保険には、若い間に支払った保険料に一部貯蓄的要素もありますので、その分が返ってきますが、年齢が上がるにつれ、返戻金も減っていき、他の保険と比べても返戻金は期待できないでしょう。

定期保険に入るときに確認すべき4つのポイント

定期保険はシンプルな保険ではありますが、加入するときには以下の4つのポイントについて注意して確認するようにしましょう。

ポイント1:契約できる年齢と保険金額

商品によって、契約できる年齢に違いがあったり、契約できる保険金額に制限があったりします。

あなたが希望する保障が契約可能かどうかを見きわめましょう。

ポイント2:最長で保障される年齢

定期保険を更新していく場合に、何歳まで保障されるかという年齢の上限があります。

あなたが必要な年齢まで保障されるかどうかチェックしておく必要があります。

ポイント3:契約できる保険期間

商品や契約時の年齢により、どのような保険期間で契約できるかが違ってきます。

あなたの希望する保険期間で契約できるかどうかを確認しておきましょう。

ポイント4:更新後の保険料

定期保険を更新する場合、更新時に新たに保険料が再計算されるため保険料が上がります。

将来更新する予定で加入する場合は、更新後の保険料がいくらになるかも想定しておきましょう。

更新時に保険料率が変更となっている可能性はありますが、たとえば10年定期の更新であれば、今の年齢+10歳の年齢の保険料を確認すれば10年後の保険料はある程度予想できます。

主婦にとって定期保険はどんなときに加入すればいいの?

主婦にとっての定期保険に加入すべきタイミングは、この3つがベストになります。

  1. 結婚・出産時
  2. マイホームの購入時
  3. 子供が独立した時

タイミング1:結婚・出産時

主婦が結婚をして出産を機に、今後の家族のためを考え、自分や主人が万が一死亡したときのために定期保険に加入するという方は多くいます。

少ない保険料で大きな保障を得られるので、子供が小さい時だけ稼ぎ手に保険をかけておき、子供が成人した際に解約するのも合理的な方法のひとつです。

しかし、まだ20~30代のうちは死亡率も低いので、定期保険が必要か必要でないかは家族と検討する方針でよいかと思います。

タイミング2:マイホームの購入時

何千万円、何億円という大きな買い物をしたら、それからローンの返済や税金のことまで考えてやりくりをしていくことになります。

しかし、購入者である一家を支える主に万が一のことがあった場合、ローン等は遺された家族が返済していくことになるため、何も保険に加入していないと大変な負担になります。

購入者が亡くなった際に住宅ローンの残債が相殺される団体信用保険に加入する方も多くいますが、定期保険への加入も検討するベストタイミングであると言えます。

タイミング3:子供が独立した時

子供の養育費用の負担がなくなった時も定期保険への加入を検討するタイミングです。

十分な蓄えがあり家計にも余裕があるため、保険料は比較的払いやすくなります。

年齢から考えてもこれから病気や手術などの心配も多くなってくるので、他の保険への加入も視野に入れつつ定期保険への加入も同時に検討してみましょう。

定期保険と終身保険を比較してみるとわかりやすい!

定期保険 わかりやすく 見直し

3つの生命保険のなかでは、養老保険はどちらかというと貯蓄のための保険であるため、死亡保障が必要なときは、定期保険と終身保険の2つで、どちらの保険に入るべきかを考えることになります。

終身保険は、保障が一生涯続くことが一番の特徴で、長期間加入していると解約返戻金も増加していきます。

保険料は定期保険よりもかなり割高になります。

このため、終身保険は一生を通じて、いつ死亡したとしても必ず必要となるような資金需要に備えて加入する保険といえます。

たとえば、自分や主人のお葬式代・お墓代などの費用を支払えるお金を家族に残すために数百万円の終身保険に入っておく、などといった入り方が基本となります。

一方で、定期保険は割安な保険料で大きな死亡保障を確保できるため、期間が限定されるものの大きなお金が必要となる資金需要に対して備えることができる保険といえます。

たとえば、子育て世代の主人が、万一の場合でも家族が生活を維持できるお金を残すために加入するといった入り方が基本となります。

このようなケースについては、別のところでもう少し詳しく説明していきます。

定期保険は家族の生活を守るための保険

万一の場合の家族の生活を維持するためなど、特定の期間、大きなお金が必要となる場合に加入するのが定期保険ですが、具体的にどのようなケースがあるかみていきましょう。

  • 主人が死亡した場合のその後の自分とこどもの生活費

    主婦にとって一家の家計を支えている世帯主が死亡した場合、残された自分とこどもにとっては収入が途絶えることになってしまいます。そのため、その後の遺族の生活を維持するためのお金を用意する必要があります。

  • 世帯主が死亡した場合のこどもの教育資金

    主人が死亡した場合、残されたこどもにも十分な教育を受けさせてあげたいものです。そのための教育資金を用意する必要があります。

  • 自営業者が死亡した場合の事業の引継ぎ資金あるいは整理資金

    自営業でお店や事業をおこなっている人が死亡したら、家族が引き継ぐ場合にはお店や事業が安定化するまでの資金が、お店や事業を終了する場合には整理資金が必要となります。

これらの費用のように、家族の生活や将来のために必要な高額なお金を用意するのに適した保険が定期保険です。

言ってみれば、家族の生活や未来を守るための保険といえます。

まとめ:定期保険とは、シンプルで保険らしい保険である

定期保険とは、生命保険の3つの基本となる保険のなかでも一番シンプルで保障機能メインの保険らしい保険です。

掛け捨てと呼ばれることがありますが、その分、大きな死亡保障に対応しやすいというメリットがあります。

利用方法としても主婦の子育て世代などで、高額な死亡保障を用意しなければならない時期にあわせて加入するという考え方が基本となります。